2015/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2015/07



プロフィール

かんちゃん

Author:かんちゃん
LiveCafe AppleJam
http://applejamjam.web.fc2.com/
オーナーかんちゃんのブログにようこそ!







カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


過去ログ


FC2カウンター


xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • Welcome to  かんちゃんの          いろいろレポート !!
    ご訪問、ありがとうございます。 店のHP URLはこちらです。      http://applejamjam.web.fc2.com/


    スポンサーサイト 
    --/--/-- /--:--/--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑


     
    2015/06/24 /23:19/Wed
    IMG_0055.jpg

    IMG_0052.jpg
    IMG_0051.jpg

    この写真のLPレコードは僕が38年前大学4年の時に組んでいたバンドでレコーディング、製作したレコードです。

    おととい、このメンバーのPao Segawaから久しぶりにメールがあって、「あのレコードが本に載っているよ」って・・・・
    「書店で売っているの?」って聞いたら「タワーレコードでも打っているし、アマゾンでも売っているよ」って返事!
    さっそくアマゾンで取り寄せて見てみました。
    載ってた!しかも解説までしてある!

    この本はJapanese Groove Disc Guide「和モノ A to Z」という本でリットーミュージックから出ているものでした。
    帯には「究極のGROOVY 和モノ辞典、堂々完成」1400TITLES
    と書いてあります!

    しかし、ホントにびっくり!なんで、チャーや角松敏生、大橋純子、ハイ・ファイ・セットなどメジャーな人が載っている本に広島の片田舎の大学生が作ったレコードが並んで載っているんだろう?!なんかメチャ違和感があります(^^;

    解説にはこんなことが書いてあります。
    名前の由来は細野晴臣「北京ダック」より。広島経大の学生が結成したウェスト・コースト風サウンドのご当地バンド。サイレンの音から始まるBa&Gtが最高にファンキーなA1「大通りを横切って」がキラー!西岡恭蔵「ジャマイカ・ラブ」と相性抜群の良曲A3「旅立つ君に」、レゲエ調B2「Tonight」など、1日で録音したとは思えないクオリティ!自主制作300~400枚プレスの希少盤。

    なんて書いてあります!
    ということは監修された人が実際にこのレコードを聴いて書かれてあるということになります。それだけでも大変に光栄なこと!

    38年前、北九州のレコーディングスタジオに行ったこと、ジャケットデザインのためデザイナーさんの事務所に日参したこと、後輩のアパートでせっせとジャケットのノリ貼りをしたことなど、思い出してとても懐かしい気持ちになりました(^^)

    何年か前にこのレコードが浜田省吾ファンの間で話題となり(当時浜田省吾の前座バンドをやっていたので)中古市場でプレミアがついているという話は聞いたことがありますが、今回Pao Segawaの話では東京のDJが広島に来て2~3万も出して買って喜んでいるという話です。

    なんか、不思議な感覚です。遠い昔の思い出が現在に突然現れたようで(^^;
    僕の中では生涯忘れられないバンドではあるけど、それにしてもねえ・・・って感じ(^^;
    スポンサーサイト
    音楽 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    新しいスーツ 
    2015/06/22 /15:13/Mon
    FABRICK、三着目のスーツが出来上がりました(^^)
    一着目のワシントンDCの時に着ていたモデル、二着目の1966年6月30日に
    日本武道館で着ていたモデルにに引き続き、今回は1963年エド・サリバン・ショー
    に出演の時に着ていた衣装になるべく細部まで似るようにこだわったスーツです(^^)
    上着もズボンもかなり細身に作ってもらったので、ちょっと窮屈(^^;
    特に僕のズボンはふくらはぎがあまりにもきつ過ぎ(サッカーやっていたからか太いん
    だよね^^)すぐに補正に出しました(^^;

    この写真には写っていないけど、ベストも作ってもらいました。
    夏の間は暑いので上着を脱いでベストでステージに立つために・・・(^^;
    リバプールのキャバン・クラブに出ていたときのスタイルにしようと思います(^^)

    おとといのライブで実際に着てステージに立ちました!
    来られたお客さんには「なかなかおしゃれ!若返ったみたい」って言われました(^^)

    a href="http://blog-imgs-73.fc2.com/f/a/b/fablickj/IMG_0034.jpg" target="_blank">IMG_0034.jpg
    IMG_0035.jpg
    IMG_0036.jpg
    IMG_0036.jpg
    音楽 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    「静」吉田拓郎 
    2015/06/16 /13:35/Tue
    今日はわりとのんびりした日です(^^)
    還暦になった僕ですが、そんな僕にも中学生の青っぽい時があったんですねえ(^^;
    日本のフォークというものに傾倒したことはほとんどなかった僕ですが例外的に
    中学2~3年のころの少しの時期だけ聴いていたことがあります。
    僕たちの間では吉田拓郎一色という時代でした。
    そんな折、一人の友達が「今度の日曜に公民館を借りて、ミニコンサートをやる
    んだけどカンナ(僕の子供の頃のニックネーム)もなんか1曲唄ってくれ」と言って
    来ました。
    それで、唄った曲がこの「静」という曲でした。
    吉田拓郎は当時はまだエレックレコードに所属していて大ブレークする前だった
    のではないかな?(僕の不確かな記憶では)
    そんなに有名な曲ではないけど、なぜか当時の僕は好きでよくアコギ一本でこの曲
    を唄っていたなあ・・・

    ホントに忘れていた中学時代に思い出がフト、今日の朝起きぬけに蘇ってきたのでした(^^)
    そしてyoutubeで改めて聴いてみると「ホントにいい曲だったんだあ」って当時の
    ことを思い出したわけです(^^)

    静《 花酔曲 》 by よしだたくろう 作詞/曲:吉田拓郎

    ♪ 心のかたすみに
    閉ざされてた優しさを
    あなたが思い出させてくれた

    短い夜だった
    話すことより そばにいる
    それだけ たしかめ合う二人

    街は二つの影を 深い眠りの中に
    他人の目には 映らないように
    やさしく やさしく 包む
    あぁ あぁ 触れ合ったくちびるに
    恋という名の ささやきを
    あなたが思い出させてくれた

    忘れかけてた 人の心のぬくもりを
    せめて今は感じていたい
    それが それが 愛さ
    あぁ 生きている
    もつれあい もがきながら
    今日もまた どこかで
    息づいてる 生命(いのち) ♪

    音楽 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑




    xx HOME xx




    Page top↑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。