2007/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2007/11



プロフィール

かんちゃん

Author:かんちゃん
LiveCafe AppleJam
http://applejamjam.web.fc2.com/
オーナーかんちゃんのブログにようこそ!







カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


過去ログ


FC2カウンター


xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • Welcome to  かんちゃんの          いろいろレポート !!
    ご訪問、ありがとうございます。 店のHP URLはこちらです。      http://applejamjam.web.fc2.com/


    スポンサーサイト 
    --/--/-- /--:--/--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑


    やっぱり、声が・・・・ 
    2007/10/29 /12:32/Mon
    昨日のフードフェスタの野外ステージだったんだけど。
    やっぱり声が本調子にはほど遠い状態で・・・高音がまったくダメでした。
    シー・ラブズ・ユーやヘルプのコーラス、サムシングのサビなどちょっと
    高めのものは、ひどい出来になってしまった・・・・苦笑
    このコンサート、「ヒロシマ・ウッド・ストック」と題して広島のミュージシャン
    が多数参加した手作りといっていいイベントでした。メイン会場のお金の
    かかったステージとは違い、河川敷でカーペットを敷いただけのステージ
    で、お客さんの注目度は低いコンサートではありましたが、スタッフの
    熱意やミュージシャンの熱意は高いものがありました。
    最近ではファブリックは条件の整った屋内ライブがほとんどで、こういう
    手作り野外ライブというのは久しぶりでした。
    元々はこういうライブも積極的に参加していたバンドだったのに、お店が
    出来たり、条件の整ったイベントばかり選んで出ていたようなところが
    たしかにありました。

    今回のように、音響関係も運営も厳しい状況でも一生懸命・・・駐車場の係の人でも・・・動いているスタッフを見て、アマチュアバンドの原点
    を見たというか『自分たちも昔はこうだったのに忘れてしまった感覚だな』
    って思い、なんだか自らの襟を正さないといけないなあ・・・なんて思いました。

    昔は聴いてくれる人がいたら、少しくらい遠い所ででも労力かけてでも
    出かけていって演奏していたのにねえ・・・・
    それが、ある程度バンドが認知されるようになりオファーもどんどん来る
    ようになると、労力も時間もかからないようなところを選んで出演する
    ようになってしまっていました。

    いろいろな事情がありこういうのがダメだとは言えないけど、バンドと
    しての周りに対しての謙虚な気持ちだけはいつも持ち続けていたいものだと・・・
    昨日のイベントに参加して気づかせてもらいました。

    話は変わって・・・・パソコンのキーボード・・・シフトキーが使えなく
    なりました・・・なんでなんかね?キーボードの上にジュースとかこぼした
    わけでもないのに・・・・シフトキーだけ使えないんよ・・・だれか分かる人
    がいたら教えてください。
    スポンサーサイト
    未分類 | Trackback(0) | Comment(2) | Page top↑


    二日分のライブレポート 
    2007/10/28 /11:19/Sun
    昨日は朝起きたら声がまったく出なくなっていました(^^;月曜から
    風邪をひいて月曜は熱が出てダウン、火曜水曜は鼻水止まらず・・・
    金曜からは喉に来て・・・とうとう声が出なくなって『これじゃあ、今日の
    ライブ出来んじゃん!』と思って、医者に行きました。「今日明日とライブ
    で歌を唄わないといけないから、とにかく治して!」とムリな注文にも
    お医者さんは苦笑いだった(^^;注射打ってもらって、喉にゲロゲロって
    なる例の薬を塗ってもらって・・・薬飲んでいたら今日はだいぶん良い
    みたいです。

    さて金曜の「モダンフォークトリオ」!前々から出演依頼をしていてやっと
    出てくれました(^^)結成は91年ということなので、そのキャリア
    各人のキャリアからいってもかなり期待していました。PPMやボブ・ディラン
    などのUSAフォーク、フォークルなどの日本のフォーク、アイリッシュ・トラディッショナルなどほんとに幅広い選曲で、正当派フォークソング
    っていうのかな?そういうのを十二分に堪能させてくれました。
    なんたって、歌が上手い!!絶妙のコーラスワーク!そしてギター2本
    のアンサンブルも熟練のワザという感じで・・・・
    お客さんの入りを心配していたんだけど、全テーブルがうまるくらいの
    お客さんで・・・今回、バンドで呼んだお客さんは少なくて、お店の常連
    のお客さんでもなくて・・・ネットで告知して見たお客さんが多かった
    みたい
    な気がします。それだけ、フォークソング好きな方が多いってことなのでしょうね?
    みなさん、静かに聴いていらしたけどモダンフォークトリオの演奏に聴き入る
    という感じで、楽しんでおられました。
    また、ぜひ出演してもらいたいバンドでした。来年年開けてまた交渉して
    みようと思っています。

    さて、昨日のFABRICKのライブ!ベースのポールHiroも風邪で
    調子悪く、そして僕も・・・・でも、そんなこと言っておられないくらいの
    大勢のお客さんでいっぱいになりました!!(^^)
    れいによってリクエストが山のように来て(^^;それをこなしきれないほど
    たくさんのリクエストでした。
    2ステージ目にいつもやっているバースディ企画!これだけお客さんが
    入っているので10月生まれの人が必ずいるだろうと思いきやゼロだった
    んよ。ほんとに珍しいよなあ・・・

    セットリストは・・・・

    1st
    ア・ハード・ディズ・ナイト(リクエスト)
    すてきなダンス(リクエスト)
    オール・マイ・ラビング
    ベイビーズ・イン・ブラック
    ノーウエアマン(リクエスト)
    デイトリッパー
    アクト・ナチュラリー
    テイスト・オブ・ハニー
    抱きしめたい
    ロールオーバー・ベートーベン(リクエスト)

    2st

    ドライブ・マイ・カー(リクエスト)
    エブリボディズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー(リクエスト)
    ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(リクエスト)
    恋のアドバイス(リクエスト)
    エリナー・リグビー(リクエスト)
    ボーイズ
    キャント・バイ・ミー・ラブ(リクエスト)
    エイント・シー・スィート(リクエスト)
    ロング・トール・サリー(リクエスト)

    3st

    アイ・コール・ユア・ネーム(リクエスト)
    エニータイム・アット・オール(リクエスト)
    イット・ウォント・ビー・ロング(リクエスト)
    ミッシェル(リクエスト)
    バッド・ボーイ(リクエスト)
    サムシング(リクエスト)
    ホワット・ゴーズ・オン
    オール・ユー・ニード・イズ・ラブ(リクエスト)
    レディ・マドンナ(リクエスト)
    ゲットバック(リクエスト)

    アンコール
    ブラック・バード(リクエスト)
    デビル・イン・ハー・ハート(リクエスト)
    アイ・ソーハー・スタンディング・ゼア(リクエスト)

    今日はお昼13:30から中央公園のフード・フェスタの特設ステージで
    ライブです。時間があったら見に来てください。
    それから31日(水)は半兵衛庭園でのディナーショーに出演します。
    これは料金が13000円と高いからどうかな?とは思いますが、美味しい料理を
    食べに行くつもりで来てくださいね(^^)まだ、もう少し券が残っているそうです。
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    昭和歌研究室ネーミング変更について 
    2007/10/24 /14:52/Wed
    毎月、第4日曜にやっています「昭和歌研究室」ですが(今月は28日)

    このイベントを企画するときに良いネーミングを思いつかなくて
    福山の友達のバンド「昭和歌研究所」をちょっと変えて「研究室」
    としてスタートしました。
    友達のたいぞうくんには名前をぱくったみたいで申し訳ない気持ちを持って
    いました。
    それと、「昭和の歌じゃないといけないの?」「日本の歌じゃないといけない?」
    とよく言われました。

    僕としては参加した人、みんなが楽しく唄えればなんだっていいわけで・・・
    ときには、ステージにあがってオリジナルを披露してくれてもぜんぜん
    かまわないわけで・・・・
    歌を唄うということで参加した人が、どんどん繋がっていけばいいなと思って
    企画したイベントです。

    新しいネーミングを考えないといけない時期に来ているなあと感じます。

    基本はアコースティック!場合によってはエレキベース、ドラム、エレピなどが
    入ってもまったくかまいませんが、本来の「歌を唄う」「歌を聴かせる」という
    趣旨からいけば、アコースティックのほうがやりやすいのじゃないかな?と
    思っているだけです。

    開催して今回で7回目となります、じょじょにステージに上がって唄ってくれる
    人も増えてきて賑やかになりつつあります。

    そして、新しいネーミングですが・・・・・

    「アンプラグド」!!!!

    どうでしょうか??安易すぎる?(^^;

    なんかいいネーミングがあれば教えてください、参考にさせてもらいます。
    未分類 | Trackback(0) | Comment(4) | Page top↑


    Trive of Groovers 
    2007/10/22 /14:24/Mon
    昨日はうちの近くの西区民文化センターで「FESTA アカペラ&フォーク」というイベントが
    ありました。地元のフォークバンドやアカペラグループがたくさん(10バンドくらいだったかな?)
    出ていました。時間の関係で2時間ほど5バンドくらい観ました。

    ゲスト出演としてTrive of grooversというプロのアカペラグループが出て
    いました。お目当てはそのグループで観て帰りたかったんだけど用事が
    出来てしまって帰ったんだけど・・・・

    そのゲスト出演だけではなく「どこかライブハウスでワンマンライブが
    できたら?」ということだったらしくApple Jamにお話がきました。決まった
    のが1週間前だったので告知もあまり出来ずに・・・
    お世話をされていた人が「あまり、お客さんは多くないと思いますが・・・」
    ということなので、バイトも入れずにカミサンと娘と3人でなんとかなるでしょ?
    という感じでした。

    僕はPAオペのほうをやりましたので、最初から最後まで彼らのライブを
    観る幸運に恵まれました。
    「さすがプロ!」という素晴らしいライブでした!
    何年か前にハモネプという番組があったのでアカペラというとああいう感じ
    かと想像する人が多いでしょうが・・・明かにアカペラの分野は進化して
    います。5人組だったのですが、一人一人でもソロでの仕事も多くこなす
    実力派揃い!完璧なハーモニーだし、リズムがスゴイんよ!切れが抜群
    16ビートのグルーヴがメチャ心地よいっていうか・・・そして、各人の
    アドリブの掛け合いとかもスリリングで!迫力もスゴイんよ!
    楽器を全く使わないで、声だけなわけで・・・「ここまで表現できるなんて
    スゴイ!」と感動を覚えてしまった。
    観客たった17人だったけど、17人の拍手じゃなかったよ!来ていた人
    みんなノッていたと思う!17人の人は一人残らず大満足だったと思う。
    僕も仕事を忘れて手拍子までして踊り出したくなってしまった(^^;

    もっともっと、大勢の人に聴いてもらいたかったなあっていうのが正直な
    ところです。3000円(1dorink)ということでやったけど、3000円
    がぜんぜん惜しくないと思ったよ。
    昨日、西区民に出ていたアカペラグループが6つありました。出演した人で
    お店に見に来た人は僕が見る限り2人だけだった。アカペラやっている人
    なのになんで来て勉強しようって気にならないのかな?って疑問に思う
    んだよね・・・こんなに素晴らしいお手本があるのに!「自分たちとは
    スタイルが違う?」「上手すぎて参考にならない?」「観たくても用事があった?」
    僕はアカペラやっている人間じゃないから、その人達の考えはわからないけど・・・
    僕がその立場だったらなんとかして観に行こうと思うけどなあ・・・
    だって、西区民からうちのお店まで歩いて5分だもんね(^^;

    こんなこと書くから「生意気に思われるよ」とか言われるんだろうね(^^;
    でも昨日は正直そう思った。
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    ホントに嬉しかった 
    2007/10/21 /13:35/Sun
    昨日は毎週土曜にやっているFABRICKのライブでした。

    昨日のブログで書いた、エフェクターは恐くて使えないので今まで使って
    いた古いコンパクトエフェクターを使ったのでした(^^;

    先週が大入り満員で、その反動かどうか(^^;昨日は約半分の入りと
    なってしまいましたが・・・・来られた方、すべての方が「ビートルズが
    好きでFABRICKを聴きに来た」というのがわかる人ばかりだった!
    なによりステージに立っている者にとってこれが一番嬉しいんよ!
    たとえ大入り満員であってもライブ中に大声で話をされたり、つまらなそうな
    顔をされて見られていたらやっぱり悲しくなります。
    昨日来られたお客さんは別段声援を送るわけでもなく静かに聴いている
    のだけれど、ホントにライブを楽しんでくれているというのがよくわかって
    メチャ嬉しかったんよ。
    ライブ始まるころは喉がいがらっぽいし『こりゃあ、風邪のひき初めかな?』
    と体調あまりよくなかったんだけど、ライブやっているとそんなことは
    忘れてライブに集中することができました(^^)

    先週、定休日にあるライブを半分は「お付き合い」半分は興味を持って見に行きました。
    僕と同じようにお付き合いで見に来た人が多かったのか?100人近く入って
    いたにもかかわらず、後ろのほうの人はライブそっちのけで大声で話
    して
    るんよね。僕は最後列に座っていたから、ライブに集中したいのにその人
    たちが気になって・・・・「静かに聴こうよ」って言いたいの我慢してた(^^;
    ライブ自体はメチャ良かったんよ!プロのミュージシャンがギター1本での
    ライブだったけど、最後の曲のときなんか感動して思わず涙したくらいだもん。

    いくら人前でやる以上プロ意識を持ってと思っても、やはり人間だからねえ
    その日のお客さんの反応に気持ちがまったく左右されないでやるというのは
    なかなか困難なことなんじゃないかなあ・・・・?

    昨日のセットリストは・・・

    1st
    サムアザー・ガイ
    ユー・キャント・ドゥ・ザット
    ザ・ナイト・ビフォー
    フロム・ミー・トゥ・ユー
    デビル・イン・ハー・ハート
    イエスタディ
    アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
    エイトディズ・ア・ウィーク
    アイ・フィール・ファイン
    ヘルプ

    2st
    サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
    ウィズ・ア・リトル・フロム・マイ・フレンド
    ルーシー・スカイ・イン・ザ・ダイヤモンズ
    ゲッティング・ベター
    エリナーリグビー
    イエローサブマリン(リクエスト)
    恋のアドバイス(リクエスト)
    ドント・バザー・ミー(リクエスト)
    ディス・ボーイ
    ロング・トール・サリー(リクエスト)

    3st
    ロックンロール・ミュージック(リクエスト)
    ティル・ゼア・ウワズ・ユー(リクエスト)
    アンナ(リクエスト)
    ベサメ・ムーチョ(リクエスト)
    ヒア・カムズ・ザ・サン(リクエスト)
    ミスター・ムーンライト(リクエスト)
    オクトパス・ガーデン
    フィッシング・ア・ホール
    ホエン・アイム・シックスティフォー
    ア・ディ・イン・ザ・ライフ

    アンコール
    恋する二人(リクエスト)
    オー!ダーリン(リクエスト)
    抱きしめたい(リクエスト)
    カンサス・シティ
    未分類 | Trackback(0) | Comment(4) | Page top↑


    昨日のライブ 
    2007/10/20 /12:43/Sat
    昨日は月イチの横川スパイダースのライブの日でした。

    今回、僕は新しいマルチエフェクター(足下に置いて音色を変えたりするもの)
    を使ったわけなんだけど、事前にバンド練習で使い方を慣れて使えばよかった
    ものを、アンプに繋いで実際に音を鳴らしながら音作りを入念にしていたし
    『ぶっつけ本番でも大丈夫だろう』と思っていたんだけど・・・・
    甘かった^^;本番で『この音はもっと明るい音にすれば良かった』とか
    『エコーが掛かりすぎたな』とかそんなことを思いながら弾いてしまった
    わけで・・・・とうぜん、ミスも多くなり・・・バンドの他の音に注意
    がいかなくなり、バンドアンサンブルとしては最悪の(僕自身のギターが)
    状態となってしまったのでした(泣)
    他のメンバーも「今日はあまりノリがよくなかったね」って言っていたし
    バンドとしてはテンションはあまり高くなかったかもしれません。
    ライブ後に録ったMDを聴いたらそこまで酷い演奏ではなく、お客さん
    にはそれほど悪い出来だとは思われてないのかもしれません。

    お客さんはおとなしい方が多かったからか?横スパライブ終了後の玉城ちはるさんを目当てに来られた方が多かったからか?いつもよりはずっと
    静かなライブとなりました。
    そんなお客さんの前でも、横スパとしての魅力で引き込んでいかなくては
    いけないのだけど、まだまだ、メンバーみんなそこまでの心の余裕がないというのが現状です。
    今回で5回目のライブだったけど、FABRICKのようにどんなステージ
    でも動じずに自分たちの持ち味を充分に引き出せるようになるなるのには
    もう少し時間がかかるようです。
    昨日来られたお客さん、今まで聴いてくれたお客さん、興味があって次
    の機会に見に来ようと思っているお客さんに言いたいのですが・・・
    「これくらいで良い」なんてメンバー全員思ってなくて「もっとどうにか
    しないと!」って向上心のあるメンバーばかりなので、もう少し時間をください!
    きっと、今よりスケールアップしてどんな人が聴いても「横スパのライブって楽しいよね」
    って言われるように頑張りたいと思います!

    って、ちょっと弁解がましいブログになってしまったかな?(^^;


    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    緊急告知 第2弾!! 
    2007/10/16 /11:05/Tue
    10/21(日)にうちの近くの西区民文化センターで「Festa アカペラ&フォーク2007」
    というイベントが催されます。そのゲストとしてプロのアカペラグループ「Tribe of Groovera」というグループが出るそうです。
    夜にどこかでライブをやりたいということで、Apple Jamに声がかかりました。

    詳細は・・
    日時 10月21日(日) 19:30スタート
    料金 ¥3000(1Drink付き)
    場所 広島市西区横川町3丁目5-5 SKビル6F
       Live Cafe Apple Jam
       082-233-9271

    前座バンドとして広島のアマチュア・アカペラ・グループ「やぶれかぶれ」他

    Trive Of Grooversのメンバープロフィールは・・・

    高宗
    Bass Vocal
    岡山県出身。大学入学と同時にベースボーカルとしてアカペラグループで活動を始める。
    以後、学生時代にテレビ、ラジオ出演、年間50本を超えるライブ等精力的に活動を続ける。
    自身のグループ以外にも多くのグループのベースボーカルとしてジャンルに囚われない活動を展開。
    そのパワフルで疾走感あふれるサウンド、パフォーマンスは高い評価を受けている。


    Vocal
    長野県出身。20代の初め、ソロシンガーとしてメジャーデビュー。
    その後独自の活動を続け、アカペラグループ「SUGAR SIXX」のメンバーとして2年半活動する。
    作詞、作曲の方面でも同グループに多くの楽曲を提供している。
    また自身がプロデュースするライブや、イベント「Love for the Music」では全国からトップクラスのミュージシャンを招き多くの観客を魅了している。
    独自の音楽性と、ハイクオリティな歌唱力、聴く人の耳を捕らえて離さないハスキーな歌声で叫ぶように囁くように歌い続ける。

    jugar HomePage : http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=jugroove
    Vocal
    大阪出身4/6生まれ。実家が海外からのホームステイの受け入れ先だったため、子供時代から英語環境で育つ。
    6歳からピアノを始め、高校時代から弾き語りのライブを行う。
    その後、ゴスペル、acid Jazz、Funk rock、Bluesと多岐に渡って活動。
    東京に活動の場所を移し、Jazzを中心にシンガーとして活動を展開する。
    そのスタイルはSweet&Groovyで、広いキャパシティーと独自の世界観で音を紡ぐ。
    日本語の奥ゆかしさ、美しさに惹かれその可能性を追求している。

    Malw HomePage : TRUE LOVE ~Malw Official Website~
    Vocal
    愛知県出身。1999年よりアカペラグループ「Queen’s Tears Honey」のリードボーカルとして関西を中心に全国に活動を展開。
    グループの活動と平行し、ソロ活動ではピアノ、ギターとのアコースティックデュオやフルバンドでのライブなど精力的に活動し、2005年にボーカルのTACを迎えてブルーノート大阪でコラボレーションライブを行い250人を動員している。2007年、Queen’s Tears Honeyを脱退後TOGに参加。
    会場を包み込むような優しく豊かな歌声に涙を堪えきれない観客も多い。

    MaL HomePage : Lazy Style ~HumanBeatBox MaL Official Website~
    HumanBeatBox
    千葉県出身。学生時代から多くのグループのボイスパーカッショニストとして活動。
    99年にアカペラグループ「ChuChuChuFamily」に参加。TV、ラジオ、全国各地での数々のライブやイベントに出演。
    03年にソロとして独立してからはTAP、シンガー、DJ、MC、ダンサー、民族楽器等多くのアーティストと共演。
    Rock、Jazz、Hiphop、民族音楽から現代音楽までジャンルに囚われない幅広い活動を全国で展開する。
    その活動は海外にもおよび、04年にはフロリダ、テキサスにてアメリカのアカペラグループRockapellaのメンバーと新ユニットSWANKとしてステージを行い高い評価を受ける。
    CIRCUSや弘田美枝子を初め、多くのアーティストのアルバムレコーディングにも参加。
    その後アカペラグループ「SUGAR SIXX」のメンバーとして10ヶ月活動。ソロも含め多方面に活動を展開している。
    会場を震わす重いサウンド、多彩な音色、繊細なフレーズを独特のスタイルでマイク一本で紡ぎだしていく。


    ア・カペラのお好きな方、ぜひApple Jamにいらしてください!!


    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    緊急告知! 
    2007/10/16 /00:49/Tue
    急遽、知り合いから頼まれてプロのシンガー&ソングライターの「玉城ちはる」さんのライブを入れることになりました!

    今週金曜、横川スパイダースのライブが終わり次第ということでおそらく
    23時以降になると思います。
    サポートギタリストとして、NHKのど自慢のミュージシャン(広島在住)の
    浜野さんが務めるそうです(僕も親交がある人だけど、めちゃギターが上手いよ!)

    僕は玉城さんのことはまったく知らなかったんだけど、映画、テレビ、CMなど
    幅広く活躍している27才の女性だそうです。

    簡単なプロフィールは



    玉城ちはる
    【たまき・ちはる】

    1980年生まれ 広島県出身

    映画やドラマに楽曲を提供しながら TV、CM等に出演し ラジオパーソナリティーやMCなどの活動もしている。音楽や映像といったいろんな場所で表現し続け
    「情景が浮かぶ」
    映画のワンシーンのような音楽作りをする、シンガーソングライターである。19歳まで 広島で過ごし2000年に上京。01年に『東京アクターズスタジオ』にて実践気を学び、ドラマやインディーズ映画を中心に活動をする。
    03年に映画「six bullets」で「宵花火」が主題歌となり、本格的に音楽活動を始め、都内を中心にライブ活動を行う。翌、04年6月に「six bullets」のDVDが発売され、同年10月に「ドレミでうたおう」(333DISCS)に菅大祐と参加する。同年、ドラマ「駄目ナリ!」(YTV)にレギュラー出演し、オープニングテーマ「overdose」の作詞とボーカルを勤め、DVDBOXでは 自身作詞作曲の「月の唄」がエンディング曲になる。翌05年3月に花澤孝一のサウンドトラック「駄目ナリ! Original Sound Track」に楽曲提供。同年7月にドイツの老舗レーベルkaraoke kalkより 発売の「kalk seeds」に菅大祐の「xi-huan」のボーカルとして参加。2006年5月ドラマ「春 君に届く」(YTV)ではピンホールカメラが挿入歌となり、同年6月には 菅大祐とのユニット「Ulor」として参加したコンピレーションCD「Garaxie500#Fairy」が発売となる。
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    ありがとうございますm(_ _)m 
    2007/10/13 /13:04/Sat
    コメントを寄せていただいた方、どうもありがとうございます。
    メールでもたくさんの方から励ましの言葉をいただきました、あらためて
    ありがとうございました。
    昨日、お店まで足を運んでいただいて意見を頂戴いただきました高橋様
    ほんとうにありがたいことだと思っています。
    僕のブログが、こんなにも多くの人の楽しみになっているということに
    驚きと感動を覚えています!
    あまりブログに対してのコメントがなかったので内心『内容が面白くないのかな?』
    と思っていました。しかし、アクセス数だけは毎日かなりのカウンターが
    あがっていたんだけど・・・・・

    自分のブログの書き方に自信がなくなって、迷ってしまいました・・・
    お店の評価が下がるようなブログになっているんじゃないだろうか?
    悪く取られたら取られるような書き方になっているんじゃないだろうか?
    時々は自分でも反省するような書き方になっていたこともあるし・・・

    でも、良い意味で開き直ることにしました。どんなに差し障りのないように
    書いたつもりでも、悪く取る人は必ず何人かはいると思う。その人たちに
    遠慮して書いていたのでは、僕が僕ではなくなるんじゃないかな?
    お店の経営者としての意見、一人のミュージシャンとしての音楽感を
    (特定のバンド、個人を傷つけるような内容ならいけないと思うけど)
    素直に書いていたから共感をしてくれる人がいたのだと思う。
    そういう内容のメールをたくさんいただきました。

    僕にブログについての意見してくれた人も、僕を理解してくれてお店
    のことを思って言ってくれたと思って感謝しています。
    これからも、いろんな意見を謙虚に受け止めて反省すべきは反省しつつ
    それでも、自分のカラーは出していくべきなのではないかな?と思って
    います。

    開店して7ヶ月、Apple Jamは僕だけのものではなくなっている、たくさんの
    お客様、お店を応援してくれているみなさんのお店になっているのだなってあらためて実感しました。

    ブログを再開するまで、もうちょっと時間をください。
    遅くとも来週後半には再開するつもりです。
    未分類 | Trackback(0) | Comment(2) | Page top↑


    お休みします 
    2007/10/09 /12:10/Tue
    とうぶんの間、ブログを書くのをお休みさせてもらおうと思います。

    ブログの書き方をもう少し自分自身で考えてみたいと思います。

    読むのを楽しみにしていた方もいらっしゃるとは思いますが、どう書いて
    いいか分からなくなってしまいました。申し訳ございません・・・
    未分類 | Trackback(0) | Comment(5) | Page top↑


    一日遅れの・・・・ 
    2007/10/08 /14:02/Mon
    昨日は、一日中忙しくしていてブログを書く時間は作れませんでした(^^;

    We Love Beatles 2日目のライブレポートをしっかり書こうと思って
    いたのに・・・記憶が薄れていく~~~!(^^;

    しかし、この2日間はビートルズ好きのミュージシャン、ビートルズファン
    の人にたくさん来てもらってとても幸せな気分でした!反面、粗相のないよう
    トラブルのないようイベントを終わらせることに神経をすり減らして
    いささか疲れてしまったけどね(^^;

    2日目は補助イスをすべて出して、58席くらいかな?
    出演バンドも7組と多かったのもあるけど、ほぼ、満席の状態でとても
    盛り上がりましたよ~~(^^)
    いろんな形のビートルズを見させてもらいました。ソロで弾き語りでやった人
    3ピースのバンドなどあり、それぞれ工夫をこらしてビートルズの楽曲を
    表現していました。FABRICKのようにフルコピーに近いバンドだけじゃなく
    いろんなアレンジを加えたりして独自の表現が出来るのもビートルズの
    楽曲の素晴らしさ故なのかな?なんて感じています。

    FABRICKのステージでは今回初めての試みとして「FABRICKをバックにジョン、
    ポール、ジョージ、リンゴになりきって唄いましょう」コーナーでも常連の
    お客様のNさんの歌の上手いのびっくりしたり、初めてのお客さんが「アイ・ソー・ハー・
    スタンディング・ゼア」で盛り上げてくれたり、出演者のMくん、Hくんも
    唄ってくれたりして、観客と一体となってとても良い雰囲気になりました(^^)
    普段はFABRICKの演奏を聴くだけなんだけど、「生バンドをバックにビートルズ
    を唄ってみたい」と思っている人はまだまだ大勢いるはず!こういうイベント
    のときには、これからもやっていってもいいかな?と思えるコーナーでした。

    例によってFABRICKがトリを勤めたんだけど、踊り出す人、手拍子したり
    いっしょに口ずさんだりする人、観客のみなさんと一つになってとても
    良いライブだできたんじゃないかな?
    そして、ライブが終わって満足そうな顔して帰ってもらったお客さんを
    見送りながら『イベントをやってよかったな』ってほっとしたのでした(^^)

    セットリストは・・・・

    ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥー・マイ・ライフ
    ヘイ!ブルドック
    オー!ダーリン
    ハピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
    アイム・ア・ウォーラス
    マジカル・ミステリー・ツアー
    オクトパス・ガーデン

    ☆FABRICKをバックに唄いましょうコーナー☆
    ティル・ゼ・ウォズ・ユー
    アイ・ソーハー・スタンディング・ゼア
    エブリボディ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
    ゲット・バック

    サムシング
    エリナー・リグビー
    イエス・イット・イズ
    バッド・ボーイ
    アイム・ダウン

    アンコール
    ディスボーイ
    シー・ラブズ・ユー
    抱きしめたい
    カンサス・シティ
    ツイスト&シャウト
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    We Love Beatles1日目 
    2007/10/06 /11:52/Sat
    思っていたほど、お客さんで超満員になることはなかったけど、すごい
    盛り上がった良いライブになりましたよ~~(^^)

    最初に出てもらったGeorge IWKIRIさんも迫力ある歌でビートルズを表現
    してました。
    2番目のイケメンのKeigoくんも歌もギターも上手くなっていた!
    3番目に出てもらうはずのドクターロバート(お医者さんばかり)のドラム
    さんが、出番になっても来ないで・・・・結局セッティング込みで30分
    も時間がずれ込んでしまった!その間お客さんを待たせるのは申し訳ないので
    総合司会のStuと僕が話で繋いでいたんだけど・・・・それでも場がもたなくて・・・
    仕方ないので、Hiroに頼んでピアノの弾き語りでミニライブとなったのでした(^^;
    さすがにHiroすぐに観客を魅了して、昨日一番ウケた場面となったのでした(^^;
    そして、4FLUSH!ちょっと楽器のバランスが悪かったけどいつものように
    小気味よいサウンドを聴かせてくれました。

    それからFABRICK Men's いつもとは違う選曲でビートルズがデビューする
    前の曲とかデビュー前後の曲を主にやりました。
    「これがビートルズ?」って初心者の人にはつらいマニアックな選曲に
    なったけど、後半のほうでは誰でも知っている超有名曲を入れたのでした。
    僕が唄う曲でほとんど人前ではやったことがないアンソロジーの1に入って
    いる曲で「スリー・クール・キャッツ」「アラビアン・シーク」という
    曲にも挑戦しました!歌詞が完全に覚えきれてなくて、2番ではアタマん中
    が真っ白になってしまった(^^;

    終わってからかなりの数のお客さんが残っておられて、あちこちでアコギ
    を弾く人、談笑する人でかなり遅くまで賑やかなApple Jamとなったのでした。
    完全に店を閉めたのは午前3時半だった(^^;
    お風呂も入らずに寝て、さっき朝風呂に入ったとこ(^^;

    セットリストは・・・・

    サムアザー・ガイ
    サンキューガール
    スリー・クール・キャッツ
    ティルゼア・ウァズ・ユー
    ソルジャー・オブ・ラブ
    ベサメ・ムーチョ
    ボーイズ
    ラブ・ミー・ドゥ
    リトル・チャイルド
    アラビアン・シーク
    キャント・バイ・ミー・ラブ
    シー・ラブズ・ユー
    アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
    ツイスト&シャウト

    アンコール
    ロールオーバー・ベートーベン
    ロング・トール・サリー
    カンサス・シティ
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    今日と明日は 
    2007/10/05 /10:51/Fri
    We Love Beatles2007です!!

    昨日の中国新聞に記事が載ったので、昨日は終日お問い合わせの
    電話の対応に追われてました(^^;
    やっぱり新聞の力は大きいね!
    それとビートルズ人気の力だと思います!
    それから、「ネットを見て電話しました」っていう人もいたんですよ!
    嬉しいことです。毎日こうやってブログを書いたり、マメにスケジュール
    を更新している甲斐があるってもんです(^^)
    「とうぶんの間は広告宣伝費をいっさい使わないでどこまでできるかやってみよう」
    と思ってお店を始めて、じょじょにではあるけど口コミで広がってきて
    そして、地道にネットでも認知されるようになってきて・・・
    今ではyahooの検索エンジンで「アップルジャム」でトップに出てくる
    ようになったもんね(^^)

    どちらにしても、今日明日はたくさんの人が来られると確信してます!
    がんばらなくっちゃね!(^^)
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    ブッキング 
    2007/10/03 /12:18/Wed
    お店では週末金曜、土曜は「必ずライブをやっているお店」というコンセプト
    で定着してきました。バンド関係じゃない一般のお客さんでも「今度の
    金曜はどんなバンドがでますか?」と問い合わせがあったり、「なんか
    ライブやっているだろう」とふらりと来店されるお客さんもいらっしゃるように
    なりました。オープン前から僕が思い描いていたような展開になってきて
    その点は満足していますが・・・・

    土曜日はビートルズナイトということで、FABRICKまたは
    ビートルズ関連のバンドしかやることはないのであまり考えることもないの
    ですが、問題は金曜日なんです。
    60年代~80年代くらいの音楽をやるバンドを中心に今ではノンジャンルで
    探しています。開店当初に比べたら「やらせてください」というバンドも
    増えてきて比較的にラクにブッキングできるようになりましたが、どんな
    バンドでもいいってわけにはいかなくて僕の中での線引きが出来ていて
    『このバンドには出てもらいたい』と思えるバンドさんにオファーを出して
    います。(そんなに高いハードルを設定しているつもりはありませんが
    出演バンド=お店の評価となると思うので僕自身が納得できるバンド)

    そうなってくるとなかなか難しいのですよ(^^;プロなら対価(ギャラ)
    を払えばすむ問題だけど、ほとんどの場合がアマチュアなわけで、本業が
    あったり家庭があったりで、『この日に出てもらいたい』と思っても
    「メンバーが揃わない」とかの理由でダメだったり・・・
    「この日にこのバンド」というふうになかなかいかない(^^;

    ライブハウスは「ブッキングが生命線」だと思うので苦労して当然なんだけど・・・

    今月も12日(金)のブッキングが最後まで出来ませんでした・・・・
    例によってFABRICKのフロント(stu、Hiro、僕)3人による
    「それぞれのソロライブ」ということで乗り切ろうと思っています。
    3人とも「FABRICKのライブ」ではない個人としてのライブをいかにお客さん
    に楽しんでもらうか?を第一に考えて取り組んでいます。僕自身もバンドでの
    ライブは慣れているものの、ソロでお客様を納得させるライブとなると
    自信があるわけではありません(^^;
    でも、これも「一人のミュージシャンとしてステップアップできるチャンス」
    と捉えて、頑張ってみようと思うわけです(^^)
    先月はビリー・ジョエルを中心とした洋楽だったけど、今回は全曲「浜田省吾」を唄ってみようと思います(^^)
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    We Love Beatles まであと3日! 
    2007/10/02 /16:35/Tue
    去年もやった「We Love Beatles」今年もやりますよ~~!!

    去年はクラブ・クリーム広島で160名も入って大盛況だったんだけど
    今年はApple Jamで5日(金)6日(土)と2日間かけて延べ
    12バンドのビートルズトリビュートバンドによるライブパーティとなります!
    ビートルズが好きなミュージシャンによるビートルズファンのための
    楽しいライブパーティにしたいと思っております!
    10人いれば10とおりのビートルズに対する解釈があります。いろんな
    ビートルズを楽しめると思いますよ(^^)

    去年は県外からのバンドさんが多かったのですが、今回はほとんど広島市の
    バンドです(ゲストで岡山から2人こられますが・・・)

    まだまだ、お席はありますのでこれを読んだ方で興味のある人はApple Jam
    へいらしてくださいね(^^)

    10月5日(金)

    20:00~ George IWAKIRI(15分間)
    20:25~ Keigo(15分間)
    20:50~ ドクターロバート(30分間)
    21:30~ 4FLUSH(30分間)
    22:10~ FABRICK Men's(40分間)

    10月6日(土)

    19:00~ 町田 務(15分間)
    19:25~ Two Of Us(20分間)
    19:55~ ザ・セラミック(30分間)
    20:35~ 創くん&たけちゃんFrom Okayama(30分間)
    21:15~ The Resets(30分間)
    21:55~ ゴールド・マッシュ・ビーンズ(30分間)
    22:35~ FABRICK(60分間)

    これはあくまで予定です、出演時間がずれる場合もありますので
    お早めにお越し下さい。

    ※FABRICKをバックにジョン、ポール、ジョージ、リンゴに
    なりきって唄いたい人を募集します!
    事前に申込をされましたら歌詞カードも用意します(定員5名
    の予定)どうぞ、ふるってご参加ください(^^)

    入場料 ¥3000(飲み放題)
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑


    昨日の昭和歌研究室 
    2007/10/01 /11:24/Mon
    いつも第4日曜にやっているイベントですが9月は貸し切りライブが入って
    いたこともあり昨日、やっとすることができました!

    毎回やっているけど、いつも同じ状況にはならないね・・・相変わらず
    参加者は12~3人というところなんだけど(^^;
    今回はギター持参の人ばかりでした(歌を唄いにきた人は1人だけ)
    それぞれの持ち歌をステージに上がって順番に歌っていくというスタイル
    でした。
    新しく来られた人は福山から来られた女性2人、一人はピアノを弾きながら
    谷山浩子(名前あってるかな?)の歌をきれいな声で唄ってくれました。
    もう一人は、自分で作った曲をギターを弾きながら唄ってくれました、これも
    よかったよ(^^)
    そして、マックティーズの高石さんのお友達の「あらら」さんが「ちゃんと
    人前で唄うのは初めて」と言いながら、いちご白書をもう一度や春夏秋冬
    を唄ってくれました。「緊張している」と言っていたけど、なかなか堂々
    としたもので初めてとは思えなかった(^^)
    府中フォーク村の方で来られるのは3回目という人(お名前を聞くの忘れた^^;)
    は、「この昭和歌に出るためにギターを買いました」ということです(^^)
    最後のほうではローリングストーンズの「悲しみのアンジー」まで飛び出したり
    して(^^)

    とにかく、6時半から始まって10時半までまったく切れ間がない状態で
    誰かが必ずステージで唄っているという状況でした(^^;
    上がる人が途切れたら、僕が唄おうとギターを用意して待機していたんだけど・・・・
    まったくお呼びじゃなかった(笑)

    最後にみんなで「あの素晴らしい愛をもう一度」を唄ってお開きとなった
    のでした。
    今回も、参加した人には「楽しかった」と言ってもらってほっと胸をなでおろした
    のでした(^^)


    それと告知です!毎月第2日曜にやろうとしていた「Apple Live」ですが
    エントリーがまったくありません、まだ知られてないのもあるかもしれないけど・・・
    こちらから「出てください」とバンドさんを探すような性格のライブでは
    ないと思っているので「やらせてください」というバンドが現れるまで
    とうぶんの間はお休みしたいと思っています。
    ジャンルやバンドレベルはいっさい問わないライブということで
    やり始めたバンドでレパが少ないバンド、腕試しにやってみようというバンド
    にはおあつらえ向きのライブだと思うんだけどなあ・・・・
    未分類 | Trackback(0) | Comment(0) | Page top↑




    xx HOME xx




    Page top↑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。